女のオナニー

私のオナニーを知ったのは、お兄ちゃんの部屋にあったエッチなマンガを見て。 それからというもの、私は毎晩むずむずしちゃって、オナニーしてたの。 エッチなマンガでは、女の子がおまんこの中に自分の指を入れたりとかしてたけど、 まだ処女だし、処女膜破れたら困るかなって、 おまんこの中をいじるのは怖くて、いつも指でクリトリスをいじって、 気持ちよくなってた。その内、これがイクって感じかなって分かってきたの。

一度オナニーで気持ち良くなるのを覚えてしまうと、もう病み付きっていうか、 オナニーしないと眠れなくなって、いつもこっそりオナニーしてた。 5分くらい指でクリトリスをいじって、イってしまうと、 オナニーなんかして、私っていやらしい女の子だって自己嫌悪になるんだけど、 オナニーしないとモヤモヤするから、どうしてもガマンできないの。

普段はマジメって思われてたから、オナニーしてるなんて、誰にもいえなかった。 本当は、みんなもオナニーしてるのか、すっごく興味があって、 聞いてみたかったけど。 恥ずかしくて、いくら女の子同士でも、そんなこと聞けないし。 男の子は大っぴらにオナニーの話とか出来るみたいでいいなって、うらやましかったな。

奥手だった私は、ずっと彼氏いなくて、大学生になっても処女のままで、 このままずーっと一人でオナニーし続けるのかなあって、落ち込んだりしてた。 合コンとか誘われても、人見知りするから中々行けないし、出会い系とかも怖いし。

地味に大学と自宅の往復をしてたら、一人暮らししてるお兄ちゃんのマンションに呼びつけられた。 お兄ちゃんは、部屋が散らかってくると、私に片付けさせて、ごはんをおごってくれる。 家事は得意な方だし、お兄ちゃんの部屋にあるエッチな本を覗き見するのが楽しくて、呼ばれたら二つ返事で行ってた。 ものすごいことになっている部屋をどうにかキレイにして、いつも通り、お兄ちゃんの部屋にあったエッチなマンガを読んでいたら、ムラムラしてきて、オナニーしたくなってきちゃった。 いつお兄ちゃんが帰ってくるかわかんないけど、興奮しすぎててガマンできそうもない。

ささっとオナニーしちゃって、手を洗えばいいかと思って、お兄ちゃんの足音に耳をすませながら、パンティの中に指を入れた。 すでにヌルヌルになっているワレメを指でそっとなぞって、愛液のぬめりを人差し指につけて、クリトリスを上下に小刻みにこする。 このまま、パンティを下ろさないでオナニーしてたら、手にパンティのゴムの痕がついちゃうって気がついて、パンティを膝のところまで脱いだ。 足を緩く開いて、指を動かしやすくして、せっせとクリトリスをこする。

だんだん快感が強くなってきて、もうちょっとでイけそうって思ったら、ドアがガチャガチャと音を立てて、 いきなり開いた。 超ヤバッ!!お兄ちゃんが帰ってきちゃった!って固まりながら、顔を上げたら、 お兄ちゃんじゃない男の人が立ってて・・・。 オナニーしてるのがバレバレの私のいやらしい格好を呆然とみてた。

知らない男の人にオナニーを見られたショックで動けないでいる私の前に、ゆっくりと男の人が近づいてきて、にやりと笑って、 「トオルが残業で遅くなるっていうから、代わりに食事をおごりに来たんだけど、なんだか俺がごちそうになれそうだね。」 日に焼けたちょっとイケメンっぽい男の人は、私の両膝を大きな手でがっちりとつかんで、思いっきり開いた。 「やだっ!イヤです・・・放してください!」 我にかえって、抵抗しようとしたけど、全然、体が動かなかった。

「オナニーするより、セックスした方がずっと気持ちいいって。」 男の人は、私の足の間に顔を埋めて、オナニーで濡れていたおまんこをぺろぺろと舐め始めた。 はじめてされたクンニが気持ちよすぎて、私の体から力が抜けていってしまう。 やわらかくて温かい舌が何度も何度も私のおまんこを上下に舐めて、おまんこの中に入ってきた。 私、知らない男の人におまんこクンニされて、感じちゃってる・・・。 「やっ・・・あんっ・・・ああっ・・・。」 今まで出したことないようないやらしい喘ぎ声が自分の口から漏れてしまうのにも、驚いちゃった。

クンニで私のおまんこをびちょびちょにした男の人は、指でクリトリスをいじり出した。 自分で触るのより、ずっとずーっと気持ちよくて、すぐにイってしまいそうになる。 もうちょっとでイけそうだったのに、男の人の指はクリトリスから離れて、膣口に侵入しだした。 怖くて、ぎゅっと目を閉じると、おまんこに入ってくる指の感触に意識が集中してしまう。 ちょっと痛い・・・人差し指だけで、もういっぱいになっちゃった感じ・・・。 処女だからって、みんな血が出るわけじゃないみたいで、 おまんこの中に指を入れられても、処女だってバレなかったみたい。

でも、処女だって言った方がいいかなって迷いながら、痛いのをガマンして、大人しくしてたら、 男の人は私をカーペットの上に押し倒して、 勃起したちんぽをおまんこに入れようとした。 硬くて大きなものがぐっとおまんこの入り口を押し拡げて、すごく痛いけど、 これでやっと処女じゃなくなるって思うと嬉しくて、涙が浮かんでくる。 私の耳元で、男の人が荒い息を吐いて、ちんぽをおまんこの奥に押し込もうとしたとき、 お兄ちゃんが帰ってきてしまった。

もちろん、男の人はあわてて私の上からどいて、気まずい空気が流れて・・・。 私は慌てて、逃げ帰った。 その後、勿論お兄ちゃんとは顔を合わせづらくて、ずーっと気まずいんだよね。

それから、私のオナニーは、おまんこの中に指を入れる本格的なオナニーに変わった。 自分の指をあの男の人のちんぽだと想像しながら、おまんこの中を指でこするの。 早く自分の指じゃなくて、本物のちんぽをおまんこに入れてみたいな。